FC2ブログ
万が一の時いくらかかる?遭難にかかる捜索経済学!?・消費者金融に関するキャッシング・ローン・融資・ニュースや過払い利息の返還に関しての情報を提供します。どの消費者金融からお金を借りたらいいかなど困ったときに参考にしてください。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万が一の時いくらかかる?遭難にかかる捜索経済学!?


ウインタースポーツシーズンも間もなく終わる。最近も広島の洞窟の地底の湖で泳いでいた大学生が行方不明になったり、岡山では7人ものスノーボーダーが集団で遭難したり、と大規模な捜索のニュースが相次いだ。 例えば広島の事件では20人態勢、岡山の事件では最大600人もの捜索隊が出動したとか。となると、気になるのが捜索費用。『山と溪谷』編集長の勝峰富雄さんに聞いてみた。 「山での遭難者捜索・救助に要する費用は、県警などの公的機関が出動した場合は基本的には請求されません。ただし、捜索には多数の人手が必要で、公的な救助隊員だけでは足りず、公的機関のヘリが出払っている場合もあります
捜索費用って意外にかかるんですね。 警察があまり捜査をしたくないというのも そのためなのでしょうか。 引用:http://news.livedoor.com/article/detail/3553653/
スポンサーサイト
Copyright © お金を借りたり・過払い利息の返還の際に!キャッシング・ローン・融資の消費者金融情報! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。